転職の多い派遣スタッフは必見!雇用保険のメリットと加入条件とは

労働者にとって雇用保険はいざというとき非常に頼りになる保険です。比較的転職することの多い派遣スタッフはしっかりと押さえておきたい保険だと思います。
そして、意外にも派遣スタッフのほとんどが雇用保険に加入条件を満たしていることをご存知ですか?
今回はそんな雇用保険のメリットと加入の条件をご紹介したいと思います。

雇用保険のメリット

派遣スタッフが押さえておきたい雇用保険加入のメリットは以下の3点です。

失業手当がもらえる

加入者が仮に失業をしてしまった時に失業手当を支給し、生活の手助けをしてくれます。
そのため、転職の多い派遣社員には精神的にも強い味方となってくれるはずです。

止むを得ない休業に対して手当がもらえる

失業だけでなく、育児や介護が理由で止むを得なく仕事を長期休業する場合、雇用保険に加入していると育児休業手当や介護休業手当をもらうことができます。そのため、近年増えている派遣女子も安心して仕事が続けられるはずです。

資格取得の際に助成金がもらえる

スキルを磨くために資格スクールへ通ったり、資格を取得する際にも雇用保険加入者は助成金をもらうことができます。

雇用保険に加入できる条件

雇用保険に加入できる条件は以下の2点です。

1)同じ派遣会社で31日以上働く見込みがある
2)1週間の所定労働時間が20時間以上

この両方に当てはまる人なら派遣・アルバイト関わらず誰でも加入可能です。
単純計算で週4日・5時間勤務以上で1ヶ月以上継続して働いていれば加入できるため、ほとんどの派遣スタッフが加入できるといえます。
気になる人は給与明細で自分が加入している/加入できるかを確認し、派遣会社の担当者へ相談してみましょう。

安心とリスク回避のために重要な保険

いかがでしたか?雇用保険は労働者が安心して継続的に社会で活躍できるように設けられた保険です。特に転職などでブランクの生じやすい派遣スタッフは様々な恩恵が受けられると思います。結婚して家庭や育児と両立させながら働きたい女性やスキルを磨いてキャリアアップを考えているスタッフなどは加入したほうがいいかもしれません。幸いにも派遣スタッフは派遣会社という面倒なことを仲介してくれる心強いパートナーも居るので、気になった方は派遣会社へ実際に尋ねてみてはいかがでしょうか?